一般社団法人全国特殊清掃協会のホームページです。

男性の約4人に一人が独身

日本人が孤立に陥るリスクの一つに、未婚化があります。50歳までに一度も結婚をしない人は、男性で約23%、女性で約14%と、2015年の国勢調査で明らかになっています。

ライフスタイルの多様化により、生涯結婚するつもりはないと答える人も多く、一人暮らしを満喫している人も多いようです。

しかしその半面、おのずと家族との関係も疎遠となり、ご高齢になると体調の変化も見逃しがち。生活の質も悪化し、食べ物もインスタント食品に頼りがち。動けなくなりゴミ屋敷になったり、最悪のケースでは孤独死につながることも考えられます。



●男女とも50歳時点で未婚の人の割合が上昇
-生涯未婚率の推移-


親子共倒れになる8050問題

仕事が長続きせず、そのたびに「ひきこもり」を繰り返したり、社会に戻ることができなくなった人が増えています。そんな社会的孤立に陥っている人たちの中でも深刻さを増しているのが「8050問題」です。80代の親が収入のない50代の子供の面倒を見ているケースが増えている問題のことで、親子共倒れになることも増えています。

親が亡くなった後、一人残された子どもが孤立して、どう生きていけばいいのか分からずに親の遺体を自宅内に放置したこうして死体遺棄の容疑で子どもが逮捕されるという衝撃的な事件が全国的にも相次いで起こっています。また、80代の母親の後を追うように50代の子どもも衰弱死したケースも。
 
いずれも子どもがひきこもり状態にあって、親の年金だけで生活していました。行政の対応の遅れもあり、こうした世帯の親子共倒れの悲劇は今後も増えると予想されています。



●年齢を問わず結婚の意思のない人が少なくない
-未婚者の結婚意志分析-



低所得者ほど孤立化しやすい

日本では、低所得者ほど孤立に陥る傾向が見られます。「子ども以外に介護や看病について頼れる人がいない」という人は、高所得者では約21%ですが、低所得者では約40%というデータもあります。

また近年の研究では、社会的孤立と不健康との関連性も実証的に分析されています。社会的孤立、経済的困窮、不健康の関連性が強ければ、個人の力でこうした状況から抜け出すのは難しくなります。

2015年には「生活困窮者自立支援制度」が施行され、全国のほとんどの自治体に生活困窮者の相談窓口が設置されています。自ら窓口に来られない人のために相談員が地域に出向いて声をかけていますが、人員不足も否めません。